チラシデザインのレイアウトで気をつけること

チラシデザインのレイアウト2チラシを作成する時は商品を写した写真が必須ですが、宣材写真を用意することができても配置すべき場所が決められないという悩みを抱いてしまいます。そのため情報はできるだけ多い方がたくさん引っかかりを生み出す事ができると感じてしまい、全てを載せた結果目玉商品がわからなくなってしまう事態に陥ります。そこでチラシデザインのために大切なのは注目してほしい品は1点もしくは2点だけに絞り込み、他の物を除外したり小さくしてメインを大々的に配置してください。

良いチラシデザインにはメリハリが重要

より良い製品が10個仕入れられた場合チラシに対して全てを等間隔でレイアウトするとお客様の記憶に強く残すことができなくなってしまうので、その中でも突出して販売促進させたい物をチラシの半分程の大きさを使って掲載します。そうすればメリハリが出るので一押しが瞬時に理解可能になり、目にした方が実際にお店まで足を運んでくれる可能性が向上させられます。

目の動線を意識したチラシレイアウトに

ただし、どれほど大きく引き伸ばした画像を用意しても右下などに配置するとサイズアップさせた意味が無くなってしまいます。実は人間はチラシなどを読み始める時は左上から右上に目線を移動させた後、左下方向に向かって下がるという特性を持っています。そのためチラシデザインの中で堂々たる存在にしたい物に関しては最初に見始める左側の上に据えるようにして、加えて邪魔にならない程度にセールを行う意味や文言を付け足してください。そうするとこれからチラシをくまなく見てくれる方がどういった目的で折込チラシを作ったのかがわかるので、チラシデザインをした者と消費者の間で考えに違いが生じなくなります。

また、下の方にはお得に買物ができるクーポンなどを置いておくと飛ばし読みしてしまいやすい細やかな所もきっちりと見てくれます。そして洋服などの場合商品に関する詳細情報を書きすぎるとチラシデザインのセンスが悪いように捉えられますが、情報不足なチラシは集客が落ちてしまう起因なので詳しい案内も伝えるようにしましょう。

企業ロゴ作成 - ロゴ制作・コーポレートブランディングについて